家庭内暴力 アルコール依存症

Image Replacement

自分を肯定するアファーメーション

k-31.gif

あなたはあなた自身の強烈な批判者であっては幸せになれません。

冷静に自己を分析するのは結構ですがアダルトチルドレンの人は必要以上に自分に厳しく批判的です。

何をやっても自分はダメだ。
自分には能力がない、生きている価値がない・・・など極端な判断を下しがちです。

まずはありのままの自分を好きになりましょう。
欠点がいっぱいあってもいいじゃないですか。
必ず人間にはいいところがあります。
あなた自身であなたの良いところを見つけて褒めてあげましょう。

また他の人から褒めてもらった時は素直に喜びましょう。
「いいえ、そんなことはありません!私はダメです!」
なんて絶対に言わないようにしましょう。

たとえ相手が半分はお世辞で言ったとしてもいいじゃないですか。
素直に喜んで自分自身を喜ばせましょう。
あなたはそのままで生きていく価値があるのであり、今存在している価値があるのです。
自分を励ます言葉を毎日、自分にかけてあげましょう。

あなたが気持よく感じる言葉を選んで毎日繰り返すことが大切です。
アダルトチルドレンの人は、とかく人生の暗い部分ばかり注目していて明るいほうを見ようとしない傾向があります。
また自己評価が低く、自分の能力を過小評価している場合があります。

サーカスのゾウの話をご存知でしょうか?
有名な話なので知っているかもしれませんね。
サーカスのゾウは小さい頃から鎖で繋がれています。
逃げ出そうと必死に地面に打たれた杭を引き抜こうと努力しますが、まだ小さい像にはそれができません。

少しずつ大きくなるに従って杭も大きく、鎖も太いものに変えていくと何度も何度も挑戦してもダメだったので、次第にあきらめて杭を抜こうとする行動をやめてしまいます。
大人になったゾウはその気にさえなれば簡単に杭を引き抜くことができるくらい、力も強くなっているのに昔ダメだった経験から二度と杭を引き抜こうとはしなくなるそうです。

自己を否定されたり、拒絶されたりして親に育てられた人は、すべての人に対しても自分に同じ反応が返ってくると思っていて、やさしくされたり褒めてもらっても素直に喜べないことが多いのです。
またバカだとか何をやってもダメだと言われながら育った人も同じです。

あなたはバカでもなければ、ダメでもありません。

もっと自分を愛してください。
自分のいいところを見つけて好きになってください。
「思っていたよりなかなかいいヤツじゃないか。」
くらいの気持ちでもいいのです。

あなたが存在する価値を何かと比較して判断するのはやめましょう。

あなたは幸せになるために生まれてきたのです。
小さな障害さえない人生はありえません。
でも必ずあなたが乗り越えられない障害は与えられません。

今苦しくても、その問題と真剣に向き合う決心をすれば、それだけで半分クリアしたようなものです。
あせらずに、でも断固とした決意で行動しましょう。
その先には必ず明るい未来が待っています。