家庭内暴力 アルコール依存症

Image Replacement

イメージの力を利用する

k-29.gif

あなたは今まで生々しい記憶を繰り返し、心の中で描いてきたかもしれません。

それを利用しましょう。
今度はそのイメージする力を良い方向に向けるために利用するのです。

あなたがなりたいと思っている自分の姿、こういう家庭にしたいという願望をありありと心に描くことが大事です。

誰にも邪魔されない場所を確保して、ゆったりと椅子に腰かけて腹式呼吸を行います。
頭の先から、もしくは足の指先から(どちらでもやりやすいほうで)徐々に体の力を抜いて弛緩させていきます。自律訓練法の経験がある人はそれを利用しましょう。
全身が弛緩できたら、ゆっくりと自分がなりたい自分が生き生きと心の中で動いている様子を想像してください。

心の中のあなたはどんな服装をしていますか?
どんなふうに話し、どんなふうに振舞っていますか?
どんな家に住んでいますか?
どんな仕事をしていますか?
周りには誰がいますか?
どんなことを話していますか?
その場所はどんな感じがしますか?
暖かいですか?寒いですか?
どんな匂いがしますか?
周りの人の様子はどんなですか?
笑っていますか?楽しんでいますか?


映画のスクリーンを見るような感じで描いてみましょう。

このような要領でインナーチャイルドも癒すことができます。

インナーチャイルドの場合、心の中であなたの小さい頃を思い浮かべようとしてもなかなか出てこない場合がありますが、時間をかけてゆっくり辛抱強く待ってあげてください。
でてきたらあなたが親となってインナーチャイルドが安心できるように声をかけ、もう大丈夫であることを告げてあげてください。

怯えたインナーチャイルドの心が再び成長を始めるまで何度も繰り返しましょう。
毎日できるだけ続けましょう。
できない日があっても落ち込まず、投げやりにならないで続けるようにしてください。
次第に薄皮を剥ぐように心が変化していくことでしょう。