家庭内暴力 アルコール依存症

Image Replacement

家庭内暴力 アルコール依存症の親から受けたトラウマが消える

家庭内暴力とアルコール依存症の親はセットといえるくらい多くの家庭で起きている悲しい事実のDVです。そんな経験から本当の自分の人生を生きられなくなったあなたにもう一度、自分を取り戻してもらうための方法の紹介です。

家庭内暴力を受けたことによるトラウマ

k-7.gif

物心ついたころから自分の父親がお酒を飲んでは暴れて、母親はもちろん自分自身もその暴力によって身体的にも精神的にも傷ついた過去を持って未だに苦しんでいる人も多いのではないでしょうか?

もしかしたらあなたもそうかもしれませんね。

父親が帰ってくる時間になると家中が緊張した状態で、いつまた父親が暴れだすのか、今日は機嫌がいいだろうかと本来安全で安心できる場所である家庭が常に戦場であるかのごとく繰り返される暴力・・・

顔色や言葉一つで今日の父親の機嫌をはかる術を身につけ、暴れだした瞬間は自分の全身の血管が萎縮して心が凍りつくような体験が繰り返されると実際に身体的に暴力を受けなくても、受けたのと同じくらい打撃を受けて、強いトラウマとなります。

実はアルコール依存症で家庭内暴力をふるう父親は外では人当たりがよく、いい人で通っていてまさかあの人が・・・ということが多いのです。

殴られている奥さんのほうもみっともないからと口外することがないため、しかも顔や見えるところを殴られていない場合は、家庭内暴力を受けている事実が発覚しにくいといえます。

そのうえ奥さんのほうは共依存の状態にあることが多く、子供が父親と別れるように説得しても聞き入れないというケースがたびたびあります。

共依存とは自分より他人の世話に夢中になり、他人が取るべき責任を自分が取ってコントロールしようとする行動をいい、夫のアルコール依存症を治すため酒を隠したり買わないようにするのですが、本人にやめる気がないのにやめさせることは不可能であるとは思わずに何とかしようと努力します。

「あの人が暴れるのは私がいたらないからだ。」

というような感じでまるですべての原因が自分であるかのごとく思い込んでそれを子供にも強要したりします。

相手の世話をすることによって自分の存在価値を見出しているのです。

こういう人はたいてい自己評価が低く、自分には能力もないしできることが限られれていると思い込んでいます。自分を愛していないため、人から愛されるためには尽くすことだと勘違いしていているのです。
父親も「アルコール依存症の親のいる家庭内暴力の繰り返される家庭」で育った可能性が高いといえます。

このような負の連鎖は誰かが鎖を断ち切る決心をしないと次の世代へとまた受け継がれてしまいます。

機能不全家族で育つと大人になっても心の傷が癒されていないため、いろいろ問題を抱えて生きることになるのです。
問題を解決して、負の遺産を次の世代に引き継がないためには親ではなくあなたがご自分の心の傷を癒す必要があります。

あなたを変えるレポート

自分の生き方に
自信がない・・・


でもこのままで
いいんだろうか・・・


いや、いいはずがない!

自分を変えてもっと人生を楽しみたい!

そんなあなたに読んでほしいレポートです。

今なら無料で手に入れる事ができます。

>>レポートを無料で
手に入れる!<<


副作用なし!!
不眠症で悩む人や
朝スッキリ起きられない人に!

⇒■睡眠障害の改善に!
光目覚ましPER3